gentak.info

ALS患者高野元の日常と思考と回想

富士山に登ってきました(4) ~ 下山

      2015/07/26

富士山頂からの景色を堪能し、5:30頃から下山を開始しました。吉田口は下山道が整備されています。頂上まで荷物を運ぶブルドーザ道を兼ねており、途中ですれ違いました。

登山道の方を見ると、大渋滞です。おそらく頂上でご来光の予定が果たせなかった人たちがたくさんいたに違いありません。この点は、ガイドさんの誘導に感謝ですね。

下りは楽かというとそうでもありません。砂地で勾配がきついので、体重のかけ方を間違えると滑ってバランスを崩してしまうので、どうしてもヒザで踏ん張るかたちになり疲れます。

本八合目に到達したのが7時過ぎ(だったと思う)で、ここで休憩をとりつつ朝食を食べました。11時に下山して五合目富士吉田口の休憩所につかないといけないということで、8:30までには下山道七合目公衆トイレに到達して欲しいとマイルストン設定されました。

画像

写真: 八合目まで下山する登山者

 

「あと1時間で降りるってこと?」と思いましたが、まあ下りだし大丈夫だろうと適当に休憩をとりつつ降りていると、後ろからガイドさんが追いついてきて、「ここ最後尾なんで頑張ってください」と言われる始末。公衆トイレは7合目の入り口より下にあるので結構距離があり、なかなかつきません。

下山道は砂と火山礫が混ざったような歩きにくい状態でしたが、うまく登山靴を滑らせながら降りるコツをつかむと早く降りられるようになり、なんとか8:40過ぎに公衆トイレに到着しましたが、再び追いついてきたガイドさんによると、まだ最後尾とのこと。

画像

写真: 下山道七合目途中から八ヶ岳方面を望む

トイレに並んでいる人がいたので、その分最後尾を脱し、あとはひたすら降りていきました。七合目より下は風景も変わり映えしないなかひたすら降りていくと、九時半前に六合目の登山口に到着し、ここでほっと一息。あとは比較的緩やかな道を進み、10時には吉田口五合目に到着しました。

無事帰還したら名簿にチェックを入れるのですが、急かされた割には結局ツアーグループの2番目の到着で、途中で相当追い越したようです。

出発時間まで2時間近くあるので、まずはビールで(K君はアイスコーヒーで長男はコーラで)乾杯となりました。登頂できただけでなく、無事に下山できて本当によかった。

 - 世界遺産, 国内旅行