読書メモ

僕にとっては若くて、いつも聡明さに感心しきりな知り合いである 吉沢 康弘さんの新著を読んだ。彼がよく口にする「手触り感」を人物記述に感じる本 ...