gentak.info

ALS患者高野元の日常と思考と回想

北京に行ってきました & 近況報告

      2015/04/22

本来ならTwitterでつぶやき程度にとどめておきたいところですが、中国にいると今のところtwitterとFacebookは使うことができません。最近、いろんな方から登録依頼やフォロー連絡をいただくことが増えたのですが、こういう事情で応答できていません。あしからずご了承ください。

この二週間はいろいろあって少々疲れてしまい、Blogに何か書く気力もありませんでしたが、時間ができたので以下に近況をとりとめなく書きます。

6/16は端午節(旧暦のこどもの日)なのですが、土日を振替出勤にして、14-16日は3連休となります(中国の企業は、週の途中にある1日の休日を連続にするように、土日勤務を振り替えることをよくやります。知り合いの会社もみなこうなので、社会常識なのでしょう。)

——
さて、先週用事があって北京に行ってきました。

今回はチケットとホテルはスタッフにとってもらいましたが、移動はすべて一人でした。北京はけっこう英語が通じるのですが、とりあえず移動にかかるほとんどの会話を中国語でこなせました。まあ、首都でインフラが整備されているので、多少わからなくても何とかなるだけなんですが、最近勉強してきた甲斐があったかなと、少し自信をつけました。

大連と比べると、タクシーの運転マナーが抜群に良かったです。大連のタクシーの運転が荒っぽすぎるのですが、北京オリンピックを経て国際都市の仲間入りをするために強力な指導があったのだろうと推察します。道路が空いているのに、何でこのタクシーは制限速度を守っているんだろう? と思ってしまう自分は、相当大連にならされていると言うことに気付きました。

ホテルは、おそらく北京オリンピック需要で建てられたまだ新しい三つ星ホテルでしたが、大連の四つ星ホテルよりも快適でした。洗面所の立て付けが少々雑だったのですが、三つ星なのでご愛敬でしょう。

また、チェックインのときに、「お名前がありません(中国語)」と言われたのですが、予約のときに漢字名を中文読みで登録してしまったため、パスポートの名前と照合できなかっただけでした。でも、あとで部屋に果物と飲み物がサービスで届きました。こういう気配りもできるのね! とちょっと感動しました。

市内の移動は、ほとんど地下鉄を使用しました。都内並みとは言いませんが、天安門や故宮を中心地とすると、東西、南北に走る路線と、それらをぐるりと取り囲む外側の線など、けっこう整備されていました。出勤のラッシュはかなりの人出でしたが、列をまもり、下りる人へ場所を空けたり、高齢者や子連れに席を譲ったり、意外と乗車マナーはしっかりしていました。

用事を終えてから飛行機までは中途半端に時間があったので、待ち時間にネットにつなげばいいやと北京空港に早めについたのですが、調べてみると休閑中心にマッサージ屋がありまして、ここで30分のマッサージを受けました。98元なので空港のサービスとしては妥当な値段でしょう。北京空港で時間がある方にはおすすめします。

——
もうちょっとライトな近況です。

  • 上海世博会は、盛り上がっているようで盛り上がってません。上海ではチケットばらまきまくっている様子です。でも、一回はいくつもりです。
  • けっこうワールドカップ放送に人気があります。スポーツチャンネルのCCTV5は、開会式までは過去の映像(マラドーナの5人抜きも何度も見ました 笑)、開会式からは人気チームの試合を繰り返し放送しています。ニュースでしきりに日本チームと韓国チームの様子を流すので、なんでかな?と思ってましたが、中国は出場できないので、こういうときは、やはり東アジアチームを応援するのです。でも、(理由はわかりませんが)北朝鮮チームは報道されていません。
  • 振り込め詐欺SMSが来ました。「事故を起こしたので、すぐにお金を振り込んでくれ!」だそうです。
    ふと気付くと、マンションの入り口には、「振り込め詐欺10パターン」なるポスターが貼ってありました。政府の役人を語る手口、家族を語る手口など、日本と同じようにいろいろあるようです。もちろん、振り込んでいませんよ。
  • CCTV1のテレビドラマ「不如跳舞」(毎日20-22時)をときどき見てます。結構面白いんですが、何度か見てからやっと、「不如跳舞=Shall we dance?」と気付きました。跳舞は「ダンスを踊る」、不如は「~ではないだろう(仮定の否定)」、くらいの意味です。バツイチで生徒の人気もなくリストラ寸前の大学講師と、競技ダンスの優勝選手という過去を封印した女性講師、というところから設定は違いますが、ストーリーの骨格は同じようです。ほかにも日本のTVドラマをお手本にしたモノは多いようです。
  • ありがたいことに、これまでほとんど無かったブログのアクセスが増えてます。HTC Legendへの記事への流入が多いです。いろいろいじっているので、感想を書きたいのですが、画面キャプチャを取るために必要なAndroid SDKのサイトにつながらないので、そこで止まってます。そろそろ日本に帰るので、しばらくお待ちください。
    個人的には、DisireよりもLegendのほうが、手に収まりの良いサイズとアルミボディのデザインともに気に入ってます。3.2型でHVGA (480 x 320)の画面サイズなので、情報量が多少少ないですが、有機ELディスプレイは美しいです。
  • iPhone4発表されましたね。さすがにこれまで使ってきた3Gはインストールできないソフトも増え、不便になってきました。でも、当分はiPadで遊ぶことにして即買いはせず、softbankの料金プランと香港での発売時期を見て、SIMロックにどう対応するか考えて購入するつもりです。

今回はこの辺にしておきます。

 - 大連生活